古代マヤのエキスパートまもなく来日

秋山です。

いよいよ、地球の裏側、古代マヤの本拠地グアテマラから

エリザベス・アラウホさんが来日されます。

今回、秋山は古代マヤ評議会のエリザベスさんと共同で、

いまこのタイミングで必要なことを発信します。

エリザベス自宅2017年3月.jpg

2017年3月 エリザベスさんご自宅にて

 

この試みは、赤い太陽の月の年 惑星の月(20154)

東京と大阪で大開催した『光の大集会』に続き、

日本に大変な前例を打ち立てることになります。

なぜなら、高次元のエネルギーマトリックス「銀河のマヤツォルキン」を扱う立場で、

古代マヤの大長老やマヤ評議会メンバーと共に、

人類進化と地球平和に関する発信をしている存在は、

他にいないからです。

これは、あとになればなるほどその意味の重要さと意義が

明確になるのではないでしょうか。

 

世界のグランマであるエリザベスさんは、3つの重要なマヤ暦の1つ長期暦から

新しい時代に必要な古代マヤからのメッセージを語られるでしょう。

エリザベスさんは、70代のエルサルバドル出身の人です。

プロゴルファーの青木功さんも74歳ですし、ポール・マッカートニーさんも74歳です。

いまどきの70代、80代の人たちって皆さん本当にお元気ですよね。

 

秋山は、銀河の音と太陽の紋章について

これまで公の場で発信したことのない本邦初公開の内容を話す予定です。

日本でマヤ暦を発信されている皆さんは、

KINとは、魂の刻印記憶です」とか、

「銀河の音は、創造のプロセスです」とか、

「太陽の紋章は、顕在意識や潜在意識を表します」

と言われている人が多いみたいです。

しかし、そのような捉え方は、古代マヤ暦にもともと無いもので、

2002年頃にマヤ研究家メムノシス・Jr.氏が言い始めたことです。

古代マヤ暦の教えでも、ホゼ博士の銀河のマヤでもありません。

真の銀河のマヤの観点から論じる銀河の音と太陽の紋章は、かなり違います。

 

というわけで、エリザベスさん来日と特別講演会を、どうぞお楽しみに!

 

2017年11月コパンにて.jpg

2016年11月 ホンジュラス世界遺産コパンにて

 

 

 

 

 

 

☆最新のお知らせ☆

古代マヤと銀河のマヤの融合再び

2017513日東京講演、514日大阪講演

銀河のマヤのメッセンジャー 銀河の音を読む存在 あすわ秋山

エルサルバドル・マヤ評議会 古代マヤのエキスパート エリザベス・アラウホ女史

2人による世紀の大発信

古代マヤと銀河のマヤの真実

 

☆おすすめサイト☆

今日という日の方向位置は?

あすわ事務局のブログ

 

 

ヌースフィアの時代に必要な発信をしています!

あすわマヤのホームページ