グアテマラ地震について

秋山です。

昨日、現地時間AM1:29(日本時間16:29)に、

グアテマラで強い地震がありました。

マグニチュードは6.9(現地報道では6.6)の大きな揺れで、

18秒も激しい揺れが続いたそうです。

この地震の震源地はサン・マルコス県で、

震源地のサン・マルコス及び、

ケツァルテナンゴ、ウエウエテナンゴ、

レタウレウ、スチテペケスが大きな被害を受けたそうです。

かなり大規模な地震だった様です。

歴史的な建造物が街全体にあるケツァルテナンゴは、

復旧するにも時間がかかりそうで、

現在ケツァルテナンゴに行くことは難しく、

学校も休校になっているそうです。

他にも各地でかなりの建物の倒壊があった様で、

スチテペケス県のSamayacでは、

教会が揺れで破壊されてしまったそうです。

 

世界遺産に登録され、古い建造物がそのまま保護され残っている

アンティグア・グアテマラは、揺れはあったものの

大きな被害はなかったそうで、

Ciudad Vieja(シウダ ビエハ)に暮らす

現地の友人に聞いたところ

アンティグアの街はいつも通り機能しているそうです。

アンティグア・グアテマラに暮らすエリザベス・アラウホ女史と、

サンフランシスコ・エル・アルトの郊外の村にお住まいの

アレハンドロ大長老は、ご無事なのだろうか?と心配になり、

エリザベスさんに連絡しました。

するとすぐに、「私たちは大丈夫です。

長老ともすでに話をしました。ありがとう。

心配ありません。ありがとう。

だけど、こちらはすごい雨です…。」と返事がありました。

お2人と、ご家族や知人の方々は、ご無事とのことです。

 

各地で建物の倒壊被害の報告はありますが、

死者や怪我人については、詳しい報道が少なく、

これから被害の実態が明らかになるかも知れません。

 

マグニチュード6.9クラスの地震は、地震国グアテマラでも珍しい方で、

歴史的で文化遺産的な建物が多いグアテマラでは、

古い建造物が倒壊しないか懸念されているとのことです。

 

ブログでグアテマラのことを紹介している最中の地震だったので、

Facebookをしていない秋山は、ブログに書かせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM