グアテマラ マヤ1人紀行2017その-1 ウエウエテナンゴ

201738() 青いスペクトルの嵐の年 太陽の月2 KIN184

ケツァルテナンゴ:晴れ〜ウエウエテナンゴ:快晴〜サクレウ:快晴

 

2:47ハッと目が覚める。

部屋の明りを全部つけたまま眠ってしまっていたようだ。

再び眠り5:00起床。

昨夜は21:30から気絶して眠ってしまったので、

グアテマラに来てから思うと結構眠れた。元気回復!

 

身支度整え、7:34にロビーに降りる。

8:08 菊川さんとホテルを出発。

ホテル近くでマイクロバスタイプの

小型チキンバスがやって来たので急いで乗り込む。

P1380527.JPG

 

まずは、ケツァルテナンゴの南にある

「ミネルバ・バスターミナル」に向かう。

このマイクロバスタイプのチキンバス、ボロボロで

しかも座席が座るのが怖くなるくらい汚ない。

P1380528.JPG

 

10年使い込んだってこうはならない。一体どのくらい

現役で活躍しているマイクロバスなのだろう…。

 

8:22 ミネルバと呼ばれている建物の前で、

マイクロバスを下車。

P1380537.JPG

前方に見える建物がミネルバ

 

P1380532.JPG

 

長距離バスの乗り場まで、

ケツァルテナンゴ市場のなかを歩く。

P1380538.JPG

ケツァルテナンゴの市場は、混沌としているが

かなり大きなメルカドだ。

 

P1380541.JPG

P1380542.JPG

カットされた生野菜。痛まないのだろうか…?

 

P1380543.JPG

 

P1380544.JPG

 

ミネルバ・バスターミナルに到着。

ものすごいバスの数! しかもどのバスも超いかつい!

P1380549.JPG

P1380550.JPG

P1380556.JPG

P1380558.JPG

 

そして、ものすごい排気ガス!

息が出来なくて窒息するかと思うくらい。

混沌とディーゼルガスの中で、ウエウエテナンゴ行きのバスを探す。

ここでも、バスの呼び込みが

「うちのバスに乗れ!」と腕をつかんで引っ張って来る。

「うちのバスはウエウエテナンゴ行きのバスだぜ!」と、

バスの前まで強引に連れて行かれるが

バスの電光掲示板に表示がないので、菊川さんが

「怪しいバスには乗れない!」というと、

慌ててバスの運転手がスイッチを入れ「ウエウエテナンゴ」と表示をつける。

ウエウエテナンゴまでは、2時間半かかるらしい。

 

このバスの座席はこれまで乗ったバスよりキレイ。

これなら2時間半でも耐えられそう。

 

座席に座って落ち着いていると、

次々に乗客が乗り込んできて満席状態。

そしてバスの中には、ありとあらゆる乗客以外の人たちも乗り込んで来る。

お菓子売り、飲み物売り、もの乞い、クスリ売り、

新聞販売、トルティーヤサンド販売。すさまじい…

 

窓越しにバスターミナルに停まっているバスの中で、

XelaQuiche」と電光掲示板に表示のあるチキンバスを発見する。

しかも、途中経由でchichi(チチ)と書いてあるので、

あのバスは、ケツァルテナンゴからサンタクルス・デル・キチェ行きで

しかも、チチカステナンゴ経由のバスということ!

菊川さんも今までキチェ直通のチキンバスを

見た事ないと言われていた。

明日は、チチカステナンゴとグマルカフを訪問する予定なので、

あのバスに乗れば乗り換えナシでチチカステナンゴへも行ける。

 

8:50 ウエウエテナンゴに向けてバス発車。

マヤ遺跡ツアーのように専用車で遺跡を訪れるなら、

発車時間待ちもないし、客の乗車も下車もないので

時間は短縮できる。しかし、専用車をチャーターするわけだから

当然かかる経費は高くなる。

チキンバスだと客待ちがあったり時間はかかるが、価格は格段に安い。

時間とお金のどちらを取るか?になるけれど、

このグアテマラならでわのチキンバスの醍醐味は、

決して専用車では味わえないものだろう。

何十回とグアテマラに来て、専用車で遺跡や街をまわったとしても、

1回のチキンバス体験には遠く及ばない。

いつの日か、あすわグアテマラチキンバスツアーを

企画してみたいとも思うけれど、それはあまりにも危険で無謀。

 

ウエウエテナンゴまで1人20ケツァル。

2時間半の長距離移動で日本円で300円ほど。

 

ウエウエテナンゴの街の近くにサクレウ遺跡はあるのだが、

地元の図には、チャンタル・ビエハという遺跡も載っている。

ウエウエテナンゴからデモクラシアの真ん中くらいの場所に、

テクパンという遺跡も地図に載っている。

興味深い。

テクパン遺跡は、テクパン・グアテマラとは関係ない。

グアテマラは似たような名前の場所や町が

たくさんあるので、きちんと位置を把握していないとややこしい。

 

バスは、やはりハイスピード走行。

途中、バスターミナルっぽいところで停まると、

Xelaパン、唐揚げ、フルーツ、水、ドーナツ、トルティーヤ、新聞と

売り子がぞくぞくと乗り込んで来る。

長距離だから、バスの中でお腹減ることもあるだろう。

日本でバスの中に売り子が乗り込んで来るなど考えられないが、

グアテマラでは日常的な光景。

しかし、よくよく考えたら理に叶っている。

バスに乗る前に食べものを買って持ち込まなくても、

「バスに乗ってから買えばいいや」となるわけなので効率がいい。

挙げ句には、「私を助けてください」と書かれた

プラカードを持った物乞いするおじさんまで乗り込んで来る。

バスはもう動き始めていてもお構い無しで

「私はこんなにも悲惨で大変なんです…」演説は続く。

 バスは、そんな状況は気にもとめず、気持ちいいくらいのクラクションの嵐。

アメリカ映画のトラックが鳴らすみたいな爆音のクラクション。

道路が渋滞していても、対向車線などお構いなく

どんどん前を走る車を追い抜いて走る。

グアテマラで一番最強の乗り物はチキンバスだ!

先日、チキンバスが横転した事故が起きたと聞いて

びっくりしたが、実際に乗ってみて、

このスピードで事故が起こらない方が不思議。

グアテマラのバスの運転手の腕は、相当なものかも知れない。

 

9:35 サンフランシスコ・エル・アルトの

大きな入口付近で停車。

9:50 発車。大きな停留場では長い時間停まるんのか。

バスが発車したら、あれ?見たことある風景だぞ……

と思ったら、ここはヌエバ・シージャス!

ということは、チキンバスでケツァルテナンゴから

サンフランシスコ・エル・アルトの入口まで来て

降りると、ヌエバ・シージャスに1人でも

来ることが出来るということか!

ヌエバ・シージャスから大長老のご自宅までは

車で15分くらいの場所なので、そうなると自力で行けるかも。

 

10:12ポルワという町で停車。

P1380569.JPG

P1380571.JPG

 

10:20発車。菊川さんは、ウエウエテナンゴの上の方にある

アグアカタン(Aguacatan)の町の、頭に巻く織物の

伝統民族衣装が一番好きなのだそう。

200911月と201511月に訪問したパナハッチェルで見た

伝統衣装の頭に巻く大きな織物のことをトコヤルというが、

ウエウエテナンゴにも同じようなものがあるとは。

アグアカタンには巨大な水源の出ている場所があって、

すごく神秘的な場所らしい。

テマスカルでお産をする風習があるらしく、

座って出産する「座産」の風習があるのだそう。

20154月に東京都大阪で開催した、「光の大集会」で

エリザベスさんが話してくれたことが

そのまま伝統として残っている地域ということか。

 

11:13 植物検疫所でチェックのため停車。

バスの中にマリファナ売りのおじさんが入って来て、

マリファナがいかに素晴らしいかという演説を始めた。

凄まじいカオス。

 

P1380585.JPG

 

11:42 ウエウエテナンゴの街のバスターミナルに到着。

結局、ケツァルテナンゴから3時間近くかかった。

ウエウエテナンゴは凄く大きな都会だ!

P1380588.JPG

P1380589.JPG

P1380591.JPG

 

排気ガス凄まじいバスターミナルで、

タクシー運転手に話を聞くと、

40ケツァルでサクレウ遺跡まで行ってくれるという。

タクシーは、とってもキレイなTOYOTAの車。

 タクシーでサクレウ遺跡に向かう。

P1380600.JPG

 

ウエウエテナンゴの郊外は、のどかなところだ。

 

AAと書かれた看板がある。

これは、「アルコール アルニモス」の略で、

いわゆるアルコール依存症の人たちのための更生施設だ。

なるほど、だからホゼさんは「AAミッドウエイ・ステーション」を、

アルコール依存症とかけていたのか!

 

12:02 サクレウ遺跡に到着。

ついに来た!長年訪れたかった、マム族の聖地サクレウ。

P1380602.JPG

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM