グアテマラ マヤ1人紀行2017その-2 サクレウ遺跡

2017年3月8日(水) 青いスペクトルの嵐の年 太陽の月2日 KIN184

ウエウエテナンゴ:快晴〜サクレウ:快晴

〜サルカハ:快晴〜ケツァルテナンゴ:快晴

 

12:02 サクレウ遺跡に到着。

入場料が1人50ケツァル(日本円で650円ほど)

サクレウは、マム・マヤの聖地であり首都だけれど、

いまや周辺の人たちの憩いの場になっているそうだ。

おだやかな場所の磁場がそうさせているのだろう。

 

まずは、入口のそばにある博物館に潜入。

小さな博物館だけれど、館内には貴重な出土品が

たくさん展示されてある。

じつに興味深い……

 

はぁぁ興味深い……

博物館を出ると、サクレウ遺跡が目の前にドーンと広がる。

 

サクレウは、修復の際に慌てて主要な神殿を

コンクリートで塗り固めてしまい

その文化的価値を著しく損ねてしまったことで有名な遺跡。

だが、確かにコンクリートで表面を覆われてあるけれども、

その迫力とたたずまいは圧巻であり、

遠方まで足を運ぶ値打ちは十分にあるだろう。

そして、聖地と呼ばれるこの温かく爽やかな場所の磁場は、

訪れてみないと決して分からない。

建造物のなかにはコンクリートで固められていないものもあるし

建造物群のところどころは、長年の風化によって

コンクリートが剥がれオリジナルの神殿表面が見えていたりする。

それがかえって逆に他の遺跡では味わえない

独特な雰囲気を演出していている。

いずれにしても、訪れる値打ちがないような遺跡では決してない。

是非一度訪れてみられることをおすすめするマヤ聖地。

 

プラザ1と呼ばれる広場にある「神殿1」。

この神殿は、サクレウで一番大きな建造物。

見事にコンクリートで固められてある神殿1…

 

登ることができる

 

 

全体写真でみると、かなり大きな建造物ということがわかる。

神殿1は、1948年に墓が発見された建造物。

神殿の向かいにある建物の地下からお墓が見つかったのだけれど、

神殿1と地下でつながっていることから、非常に重要な人物の

お墓だったのではないかと考えられている。

博物館にあった神殿1とお墓の調査図がコレ。

 

神殿1に登ってみると、左右対称でないことがよくわかる。

不対称になっている。

これは方位が関係しているのだろうか、もしかすると

お墓の位置を表しているものかもしれない。

 

神殿1の前では、サセルドーテがセレモニーを行った形跡がある。

四角い祭壇に玉子を使ったセレモニー。

グアテマラには、アレハンドロ大長老さんとは

儀式の形態の異なる玉子を用いたセレモニーがある。

玉子を火にくべて勢いよく割れることで吉凶を見る

ことがあるということを、今回の旅で知った。

 

神殿1の前にある修復された基壇の真下にお墓が見つかった。

 

基壇に登って神殿1を見るとこんな感じ。

四角いフタのようなものは、発掘のために開けた穴のあと。

地元の大学の演劇部か何かの学生たちが、神殿1前のお墓の場所で

衣装を着て演技をビデオ撮影していた。

未修復の神殿9

 

宮殿跡

 

神殿4

円形の建物に円形の柱がある

 

サクレウは文字がなかったらしい。テォティワカンと同じ?

あったけれど発見されていないだけなのかも知れない。

 

見事にコンクリートで固められている球技場

サクレウにあるタイプの球技場は「パランガナ」と呼ばれる。

 

サクレウには、すべての建造物がコンクリートで

塗り固められているわけではなく、

未修復のむき出しオリジナルの神殿もいくつかある。

 

小さな神殿

 

小さな神殿かと思ったら、サクレウの管理人さんは祭壇だと言う。

もしかして昔、小人がいたのではないだろうか…?と思った。

 

サクレウ遺跡を堪能したので、そろそろ帰ろうかと

もと来た入口そばの博物館に向かう。

すると博物館の側面の壁に何やら石の板のようなものが

立てかけてあることに気づいたので、管理人の男性に

「これは何ですか?」と尋ねてみると
何と神殿1のお墓が発見された際に
墓を封印していた石の扉だという!

P1380848.JPG

 

P1380849.JPG

こんな場所に無造作に立てかけてあるなんて…!

これって国立考古学民俗学博物館に展示する

レベルのものなんちゃいますの?

最後に素晴らしいものを見ることができた。

 

14:00 サクレウ遺跡訪問を終了。

サクレウ遺跡は30分おきにバスが前を通るそうなのだが

「ついさっき出たばかりだよ」と売店の女性が教えてくれた。

朝に送ってもらったタクシー運転手が名刺をくれていたので

時間短縮のため呼び出すことにする。

 

14:11 タクシーでウエウエテナンゴの街の中央公園へ向かう。

14:20 中央公園に到着。

呼び出したからという理由で、タクシー60ケツァル。

しかし明らかにタクシーの運転手は

サクレウ遺跡の近くで昼寝しながら待機していたはず。

 

中央公園には、市庁舎と教会があった。

円錐形にデザインされ印象的な建物

 

ウエウエテナンゴの教会

1874年に建てられたネオゴシック様式

無原罪のマリア(女神)が正面にある

 

小さいチキンバスでバスターミナルに向かう。1人2ケツァル。

さすがにミニチキンバスには、まだ1人では乗れないな…

グアテマラでは空手が流行しているようだ

 

14:50 ウエウエテナンゴのバスターミナルに到着。

チキンバスのデザインセンスは凄い

 

トドス・サントス・クチュマタンの民族衣装を着た男性がいた。

トドス・サントスの伝統衣装は非常に特徴的で、

現在も男性が民族衣装を着ている珍しい地域。

 

14:56 運よくXela(ケツァルテナンゴ)行きのバスが停まっていたので乗る。

15:14 バス発車。満席3人がけ状態。 

ドアは開きっぱなし、運転手は猛スピードで走りながら携帯電話で会話。

車内には軽快なラテン音楽が大音量で流れている。

すさまじいカオスな車内。1人20ケツァル。

このままケツァルテナンゴに戻るのではなく、

これから「Salcaja(サルカハ)」という街を目指す。

メソアメリカ最古の教会があるという情報を

マヤ考古学者の実松教授の書籍でチェックしていたので

是非ともサルカハに行ってみたかったのだ。

 

17:03 サルカハに向かうため途中下車。

17:08 すぐさま違うチキンバスが来たので、再び飛び乗る。

座席がすべて赤で統一されたイカツイ車内

 

ほんの2分ほど乗ってすぐ降りる。

 

徒歩でサルカハの教会に向かおうとすると、

優しい地元のお兄さんが案内してくれた。いい人だ…。

サルカハの教会は、グアテマラで一番古い教会だそう。

優しいお兄さんと別れて、17:19 サルカハの教会に到着。

これが1524年に建てられた、グアテマラ最古の教会建築!

グアテマラが侵略された年に建てられた教会で、

中央アメリカでも一番古い教会らしい。

セマナ・サンタバージョンでいつもと違う

紫色の布が施されていた。

何度も地震があっても、この教会だけは崩れなかったらしい。

それだけ頑丈に造られてあるということ。

当時のスペイン人宣教師たちのグアテマラ侵攻への

熱い意欲と強い決意を感じずにいられない。

この教会自体が歴史記念物に指定されているそうだ。

 

正面の扉は閉まっていたのだが、管理人の女性が

タイミングよく来て開けてくれて、内部を見ることができた。

内部はこんな感じ

 

 

18:06 教会をあとにする。

18:20 Xela中央公園行きのチキンバスに乗る。1人2ケツァル。

ただ単にXela行きのバスだったらどれでもいいわけではなく

ミネルバ・バスターミナル行きなのか、中央公園行きなのか、

きちんと乗るときに運転手に聞かないと全然違う場所に着いてしまうのだ。

18:35 停留場に到着する。

排気ガスだらけの道を歩いて中央公園に向かう。

18:44 中央公園に到着。

菊川さんはスーパーに行かれるというので、ここで別れる。

本日の行程は、とどこおりなく排気ガスとホコリまみれで終了。

ホテルのロビーで日本へラインで1日の報告をしたのちに

19:12 部屋に入る。

すごく日焼けしてしまってる。

首から肩にかけては、もうすでに皮がめくれて来ているのに、

サクレウで顔をさらに焼いてしまった。ひ〜〜

 

19:38 ケツァルテナンゴの街で食べものを購入して、

部屋で軽く済ませる。

今日訪問した場所のことを整理しながら、明日の予定を確認していると、

22:30になってしまった。今日も早めにベッドに入ろう。

明日は7:00出発で、キチェ・マヤの首都だった聖地グマルカフに

人生で2度目の訪問だ!

 

 

つづく

 

 

 

☆最新のお知らせ☆

 

銀河のマヤ ヌースフィア宇宙講座

高次元のエネルギーマトリクス ツォルキンの

背景に何があるのか?

アルクトゥルスからの宇宙情報を知りたい人に。

 

 

ツォルキン活用セミナー

日常生活に銀河のマヤツォルキンを

活かす方法を知りましょう。

真のシンクロニシティの本義を知りたい人に。

 

 

マヤ遺跡ツアー2017

メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズ

仰天の4ヵ国最強マヤ遺跡巡りの旅

古代マヤの正統血統、キチェ・マヤ

最高位シャーマンであるアレハンドロ大長老の

伝統ファイアーセレモニーを開催!

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM