グアテマラ マヤ1人紀行2017その-4 Xelaへ

2017年3月9日(木) 青いスペクトルの嵐の年 太陽の月3日 KIN185

チチカステナンゴ:快晴〜ケツァルテナンゴ:快晴

 

 

 

16:21 ケツァルテナンゴ行きのチキンバスに乗り込むために、

バス停でも何でもない場所で、チキンバスを待つ。

P1390461.JPG

 

バス停でも何でもない場所に乗り場があるので、誰かに

バスが来る場所を聞かないと、バスが停まる場所が分からない。

しかも、1人からではなく何人かに聞かないと

その情報はウソかも知れないので危ない。なんちゅう国だ。

グアテマラ人は、みながウソつきなのではなく、

知らなくても「ああ知ってるよ」と、何とかして

「この人に何か教えてあげたい!」と思うという、

極めて親切心あふれる国民性を持っているのだ。
ただし、その教えてくれる情報が本当かどうかは
分からないという、すばらしいラテン全開。

 

16:30 時間通りにXela行きのチキンバスが到着する。

P1390463.JPG

 

この狭い道路を、こんな巨大なチキンバスが往来するとは!
これがチチカステナンゴの街の公害問題にもなっているのだろう…。

 

ケツァルテナンゴに向かって凄まじいバスは走る。
1人25ケツァル。夕陽が殺人的。バスの中でジリジリと日焼けしそう。

途中、チクワ・ウノという町を越える。
キチェからグアテマラに行くバスは、本当に運転が粗く、
よくチクワ・ウノでは事故が起こる。
そのために、チクワ・ウノには道路にトペがたくさん造られている。
トペとは、車の速度を落とさせるための道路の段差のこと。
しかし、このトペのせいで、事故が絶えないらしい。なんちゅう国だ。

P1390464.JPG

 

17:10 ロス・エンクエントロスで、しばし停まる。

P1390466.JPG

 

再び出発したが、さらにメチャクチャ粗い運転。
猛スピードで乗っていて恐ろしくなるほど。
これで事故を起こさないのが不思議なくらい。
グアテマラでは、チキンバスが最強の存在だと思う。
ジェットコースターに乗ってるみたい。

 

チチカステナンゴから時折聞こえる、かすかな音。
携帯電話の着信音かな?と思っていたが、
だんだんとその音は大きくなって来ている。何だろう?
座席の窓をみると、ゴミがたくさん落ちているので、
最初はホコリかな?と思っていたけれど
窓に付着するホコリも何だか増えて来ているし、
よく見ると羽毛のようなものが落ちている。
バスの運転がさらにハイスピードで強烈になってきて、
バスが右や左に大きく傾き揺れると
座席から「ピヨピヨピヨピヨ〜!」とハッキリ聞こえるようになった。
まさか!?と思って頭上の棚を見上げると、棚にはヒヨコが大量に入った
大きな箱が2箱ドカンと乗せられていた。

P1390469.JPG

 

チキンのひな鳥が生きたまま大量に箱に入れられて
車内の棚に置かれている!まさにチキンバス!
ヒヨコたちもあまりにも急カーブの遠心力で
右や左や振り回されて、始めは静かにしていたのが
「ピヨピヨピヨピヨ〜!!!」と、ヒヨコたちはヒヨコたちで、
この恐ろしい運転に恐怖してパニックになっているようだ!
窓になんかゴミがついてる…と思っていたら、
ヒヨコたちの羽根とフン!すさまじいチキンバス!

 

P1390467.JPG

 

途中のバス停でも何でもない場所で、大きなヒヨコの入った箱を
2つ背中に担いでお兄さんがバスを下車していった。

 

18:29 ケツァルテナンゴの19アベニューに到着。

P1390470.JPG

 

ここから違うチキンバスでセントロに向かう。

18:35 バスに乗り込みセントロへ。1人1.25ケツァル。

 

18:47 ケツァルテナンゴのセントロに到着。

菊川さんとホテルで、エリザベスとヘロニモに
電話してもらって、明日の件を確認する。
なんと!いま、アレハンドロ大長老さんは、
エリザベスさんのご自宅に泊まっているそうだ。
ビザの更新の関係でアンティグアまで来られてるらしい。

 

明日は、朝9時にヘロニモが迎えに来てくれ、

アンティグアまで自家用車で送ってくれる。

何とありがたいこと…。
ケツァルテナンゴからアンティグアまでの約4時間の車内で、
ヘロニモといろいろ話をしたり質問したりしてみよう。
アンティグアに到着したら、エリザベスさん宅に

大長老さんとエリザベスさんを迎えに行き、
アンティグアのレストランでランチをしながら
用意している質問と、11月のマヤ遺跡ツアー2017の日程の
予定を空けてもらう確約を取る。

※現時点でマヤ遺跡ツアー2017は終了しています。

その後、ヘロニモは大長老さんを乗せて

サンフランシスコ・エル・アルトへ帰る。
そのあとも、エリザベスさんと打ち合わせが出来たらラッキー。
というスケジュールになる。明日の段取り完璧!

 

20:00 というわけで、今夜はケツァルテナンゴ最後の夜だし、
1週間ずっとホテルで食事というにはほど遠い
ものばかり食べて、そのまま気絶していたので
最終日くらいは、ケツァルテナンゴならではなものを
食べにいってみよう!
ホテルの周りのいつもとは反対側の坂道を1人歩いてみる。
何となく看板に「pepian」と書いてあったので、
「グアテマラ伝統料理を食べれるお店かな?」と思って入ったら大正解!
超おいしいグアテマラ料理のお店だった。

P1390483.JPG

 

ケツァルテナンゴと言えばCABROビール!
ケツァルテナンゴに来たらこれを飲まないと。

P1390477.JPG

 

P1390478.JPG

パスタスープ

P1390479.JPG
鶏むね肉のチーズソース

P1390480.JPG

とうもろこしのタマル

 

全て手づくりグアテマラ家庭の味という感じ。

P1390481.JPG

 

グアテマラに来てから一週間経つけれど、

経費削減のためロクなものを食べていなかった。

初めて食べるまともな食事。
もっと早くにこのお店に食べに来ていれば良かった。

でもそんな贅沢はダメダメ。全部で76ケツァルも使ってしまった…。

日本では考えられないくらい安いディナーだけれど。

 

20:58 ホテルの部屋に戻る。
明日の準備をしつつ、ベッドに横になっていると眠ってしまう。
22:40に寝入ってしまったようだ…。

 

明日は再びアンティグア。
今回、アレハンドロ大長老さんのご自宅へ行き、
お見舞い金を手渡しするミッション」と、
もう1つ予定していた重要ミッション。
「エリザベス・アラウホ女史のご自宅へゆく」という大切な1日になる。


つづく

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM