銀河のマヤ特別講座2018

秋山です。

現在、「銀河の同期ポイント」ほどではないにせよ

振動の変化が起きています。
ですから、いま何だか不気味なことやおかしいなと感じる事が
起きていたとしても、心配しないで過ごしてください。
この変化は、2017年10月から今現在、そして2018年5月まで続きます。

少し長いですので、意識を持って行かれないように心がけてください。

 

さて、電気の月 KIN131に開催した、

エネルギー医療の最前線を行かれる世界的権威の

お2人と共に発信した世紀の大講演会

銀河のマヤとエネルギー医療

IMG_7815.JPG

 

当日は1人80分の講演時間だったので、伝えたい内容の

3分の2も話せませんでした。

今回、『銀河のマヤ特別講座2018』として、秋山単独ですが、

4時間ほど時間をいただいて、電気の月KIN131の復習プラス

最強マヤツォルキン情報をお伝えしたいと思います。

 

東京大阪、そして富山と3会場で話をさせて

いただくことになりました。

高次元のエネルギーマトリクス ツォルキン、いったい全体

その正体と存在理由は何なのだろう?と、

真実と本質を求めるホンモノ志向で

鋭いアンテナをお持ちの皆さん。
求めていたもの、これまで雲をつかむ思いで探究してきたもの

の答えが、実は銀河のマヤに在ると知れますよ!

 

ツォルキンを「古代マヤ暦」などと言ってはばからない、

占いの道具や相性診断や性格判定に使っている
本当に残念な人たちが、一生かかってもたどり着けない真実がある。


「マヤってこんな薄っぺらいものじゃないと思うんだけどな……」と、

微かに感じているあなた!
そのアンテナ素晴らしいです。

是非、『銀河のマヤ特別講座2018』へお越しください。

 

富山の主催者JEWEL COLORSの浜野さんが、ご自身のブログで

素敵に紹介してくださっています。
ご覧になってみてください。

富山を始め東京にも大阪にも、そして全国に全世界に

真実を求める人たちが大勢いることを知ってください。

 

皆さんと銀河のマヤツォルキンが導いてくれたご縁で

出会えることを、楽しみにしています。

 

 

 

☆うんちく☆

※ちなみに、古代マヤで使われていた

365日周期の太陽暦ハアブHAAB (またはアブAB)は

1ヶ月が20日で、1年が18ヶ月で360日となり、

残りの5日間をワイエブ(19ヶ月目)として

365日を見ていました。

それに対して、1980年代後半にアメリカ人の

ホゼ・アグエイアス博士によって提唱された「13の月の暦」は、

1ヶ月が28日で、1年が13ヶ月で364日となり、

残り1日を「時間を外した日」として365日とする

ホゼ博士オリジナルの「銀河のマヤの宇宙情報」を

起源とするカレンダーです。
古代マヤ暦の太陽暦ハアブと、

銀河のマヤの太陽暦「13の月の暦」とは

まったく異なるものですので注意してください。

 


 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM