グアテマラ マヤ1人紀行2017その-1 チマルテナンゴ

マヤの大長老さんの大怪我と2020年プロジェクトの呼びかけで、

ストップしていた「あすわ秋山2017年グアテマラ1人紀行」の再開です♪

 

マヤ文明の末裔の正統キチェ・マヤ第13代最高位神官

アレハンドロ大長老さんへのお見舞い金を募る呼びかけは、

秋山がグアテマラへ行くめどが立った時点で

ブログホームページ、メルマガ、Facebookコミュニティ等でお知らせしますので、

もうしばらくお待ちください。

 

というわけでグアテマラ紀行2017再開〜♪

 

↓↓↓↓

 

青いスペクトルの嵐の年 太陽の月5日 KIN187

2017年3月11日(土)

アンティグア:曇りのち晴れ〜チマルテナンゴ:晴れ

 

4:50目が覚め、うつらうつらしつつ6:00に起床。

身仕度ととのえ、出発の準備を急ぐ。

このホテルは、バスターミナルの近くにあるため、

朝からボオオォォォ〜、グラララララァァァァ〜とチキンバスの往来が凄まじい。

 

8:28 ロビーに降りると菊川さんがすでに待ってくださっていた。

「今日は、天気が良くないので、傘を持って来ていた方がいいですよ」と

言われるので、部屋に傘を取りに戻る。

乾季にも雨が降るのだなぁ…。

 

アンティグアのバスターミナルまで歩いて向かう。

これが、場末のアンティグアか…。

アンティグアには2014年と2016年に2回訪れたが、バスターミナル側は全然見なかった。

つまり「本当のアンティグアの姿」を見ていなかった。

P1390578.JPG

すごい巨大なバスターミナル。

 

8:45 チマルテナンゴ行きのグアテマラバスに乗り込む。

P1390581.JPG

 

車内は清掃など誰もしないだろうから独特なニオイが充満…。

ハカランダの花がキレイ。

しかし、そんな爽やかな朝の静けさを打ち破るかのように、

車内では重低音の音楽がボリュームいっぱいで鳴り響き鼓膜が変になりそう。

 

これからチマルテナンゴに向かう。

チマルテナンゴは、グアテマラで一番スリが多い街として有名なのだそうだ。

2014年にアレハンドロ大長老さんとエリザベスさんとで、

マヤ伝統セレモニーのマテリアルを購入するため

チマルテナンゴの市場を訪れたことがある。

そうか、あの時もまわりはスリだらけだったのか…。

 

チマルテナンゴ行きのバス。1人5ケツァル。

 

グアテマラは、2016年4月から郵便局が機能していない。

いよいよアメリカが査察に入るというニュースが最近あったそうだ。

アメリカからグアテマラに2016年4月までに送ったはずの荷物が、

全く届いていないらしく、その数が大変な量になっているとのこと。

郵便局や空港の倉庫に何もかも保管されたままになっているそうで、

それをアメリカ側が査察に入るという事態になっているとのこと。

日本では郵便局がないなんて考えられないことだけれど、ここは地球の裏側。

 

それにしても、グアテマラ先住民は日本人に似ている。

特に日本でも沖縄の人にそっくり。

モンゴロイド系で蒙古斑もあるし、顔も体型も似ている。

地球の裏側なのに不思議。

 

ホコテナンゴ〜パストール〜パラモス〜を越え

チマルテナンゴを目指す。

9:37 一度バスを降りて、違うバスに乗り換え。

超満員の車内1人2ケツァル。

バスの運転手に降りたい場所を言っていたのに、

運転手がスッカリ忘れていて、予定の場所を1キロ通り過ぎてしまった。

グアテマラではよくある話。

グアテマラのバスは、降りたい場所を事前に運転手や「アジュダンテ」と呼ばれる

スタッフに伝えておけば、指定した場所で停まってくれる。

大きな街じゃないところでは、バス停なんて気の利いたものは存在しない。

 

仕方なく排気ガスと砂ボコリまみれの国道を歩く。

タオルを口と鼻にあてていないと息ができないくらい。

まさに、場末のグアテマラ体験。

国道を左に入ったところで、本日訪問するマヤのシャーマンの

マイクさんの妹さんが待ち合わせ場所まで来てくれていた。

挨拶にほっぺにチュッ〜される。

P1390739.JPG

ここは、チマルテナンゴ近郊の「Buena Vistaブエナ・ビスタ」

という名前の小さな村だそうだ。10:17 ご自宅に到着。

 

マイクさんと初対面。

短パン姿で登場されたので、大丈夫なのか…?と一瞬思ったが、

マイクさんはイシル出身のれっきとしたマヤのシャーマン。

P1390617.JPG

 

壁にカクチケル・マヤのマヤカレンダーが貼ってあった。

マイクさんが持っているマヤカレンダーは、

イシルのマヤカレンダーなのだそう。

イシルのマヤカレンダーは、イシル地方に行かないと

買うことは出来ないらしく他では売っていないそうだ。

P1390622.JPG

 

しきりに葉巻をふかすマイクさん。

これはマヤのセレモニーに使う葉巻で、ヘビースモーカーではない。

トトニカパンのマヤのシャーマンのフランシスコさんとは全く異なるスタイル。

葉巻の副流煙で頭が痛くなるくらい室内でモクモクモクモク。

「マヤのセレモニーを受けますか?」と尋ねられたので、「はい。お願いします!」と速答。

 

 

 

つづく

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM