ヒカルランドで始まります

秋山です。

このたび、不思議なご縁から、東京飯田橋に本社がある

(株)ヒカルランドさんで、マヤ個人セッションの開催と

銀河のマヤダイアリーの販売をさせていただくことになりました。

 

ヒカルランドさんは徳間書店のスピリチュアル部門から独立された

石井社長さんが立ち上げられた会社です。

石井社長さんとは、前回の銀河スピンの第5の城の最終のウエイブスペル

「黄色い星」の位置でお会いしまして、いろいろとお話しさせてもらいました。

「マヤ暦関連の手帳やダイアリーは、いろんな人がすすめて来るし、

ヒカルランドに置いていったりしてくれるんだけど、

何だかどれもイマイチぴんと来ないんだよねえ」と言われて、

あすわのダイアリーは置いてくれるということになりました。

不思議で有り難いお話です。

 

☆ヒカルランド公式サイトはコチラ

☆ヒカルランドパークのサイトはコチラ

 

そして、地球時間で来年1月から、まずはマヤ個人セッション

来てくださいという話になりました。

東京は、ヴォイス系列のシンクロニシティ・ジャパンさんからも

1月下旬から2月にかけて、マヤ個人セッションの依頼がきています。

ヴォイスさんと、ヒカルランドさんの2社で、

2019年は東京に行く機会が増えそうです。

 

石井社長さんは、銀河のマヤの宇宙情報に大変興味を持ってくださり、

「ヒカルランド主催で今後いろいろ企画やって行きましょう!」

ということになり、話が一気に進みました。

古代マヤ文明の末裔キチェ・マヤ第13代最高位シャーマンである

アレハンドロ大長老さん来日の「2020年プロジェクト」にも

賛同協力してくださることにもなりました。

 

これから一体どのような展開になるのか?

久しぶりに楽しみワクワク感が湧き出てきています。

ヒカルランドさんを通じて1人でも多くの方に、

「銀河のマヤの真実」と「古代マヤ暦の真実」を知っていただく機会となれば、

これ以上の喜びはありません。

まだ見ぬ純粋で清らかな皆さんと、

東京でもお会い出来ることを心から楽しみにしています。

ヒカルランドロゴ03.png

 

 

☆真実の情報シリーズその☆

メキシコのマヤとグアテマラのマヤは同じもの
と思っている人が多いですが、実はかなり違いがあります。
まず、言語が異なります。
メキシコはユカテク・マヤ語、グアテマラはキチェ・マヤ語です。
20のナワールの呼び名も違います。
メキシコではチクチャンでも、グアテマラではカンですし、

メキシコではキブでも、グアテマラではアフマックです。
エツナブとティハシュ、カバンとノッフ、マニクとケフと、

20のナワールの呼び方にも大きな違いがあります。
本来は1つであるはずの教えが時代と共に変わったようです。
マヤの素晴らしい考え方として有名な「イン・ラケッチ」も、メキシコでは有名ですが
マヤの本場であるグアテマラでは使われない表現です。
メキシコはマヤのセレモニー自体を行うことが禁止されていますが、
グアテマラでは先住民の権利としてマヤの伝統セレモニーが常に行われています。
つまり、伝統的なシャーマンの儀礼にもかなりの差があるということです。
メキシコのマヤ評議会と、グアテマラのマヤ評議会も、異なる組織です。
ですが、マヤすべての長老、グアテマラだけでも600人いる長老のなかでも
最も尊敬され信頼されている存在が、アレハンドロ大長老さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM