古代マヤ暦卓上カレンダーについての話 その

秋山です。

それでは、本日も

国内産シェア1%、語れば語るほど批判に思われ、めんどくさがられ、

一銭の得にもならない(笑)、真実の情報をお届けしたいと思います。

このブログ記事に辿りつけて見ている人は、本当に幸せな人と思います。

なぜなら、日本に蔓延するマヤ情報に関する

ウソ偽りない本当のことを知れるからです。

ここに在る情報に辿り着き、心の底から信じるか?、

それとも、斜めに見て疑うか?は、あなたの波形と

感覚胞子のバランス次第です。

 

日本でスピリチュアルや精神世界と呼ばれる業界?に興味がある人たちの

ほぼ95%くらいが「古代マヤ暦」と思っているカレンダーは、

今から約30年前にメキシコ系アメリカ人のホゼ・アグエイアス博士が

高次元から降ろされ創り出された宇宙情報「銀河のマヤツォルキン」です。

 

高次元のエネルギーマトリクスである銀河のマヤツォルキンは、

13対20の260グリッドで構成されています。

もう1つホゼ博士が創り出された28日×13ヶ月の

「銀河のマヤの太陽暦(13 Moon Calendar)」があります。

ホゼ博士は、「アルクトゥルスの心臓部」から

情報を受け取っておられました。

実のところ「未来からの情報を思い出され」、

この形のツォルキンを3次元に現されました。

ツォルキン.jpg

対して、地球の裏側、メソアメリカの中米5ヶ国

(グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドル、メキシコ)で

栄えたとされる古代マヤ文明で使用されていた暦のことを

古代マヤ暦」と呼ばれています。

今のところ17種類から20種類ほど古代マヤ暦が確認されています。

 

ホゼ博士の「銀河のマヤの260周期ツォルキン」と、

メソアメリカのマヤ文明における「古代マヤ暦の260日周期ツォルキン」とは、

同じ260日を刻むカレンダーですが、実は全くの別物です。

 

最近は、こうした事実を正しく発信し始めている人も

若干ではありますが増えて来ています。

ですが「銀河のマヤと古代マヤは異なるものだ!」と発信する人は、

大抵の場合において何かに対して怒っておられ、思い込みが強いです。

思い込みの強さはエゴの強さと正比例なので、

残念ながら、あまり波形の良い状態ではありません。

そのような波長に同調する人たちも、波長同通の法則ゆえ

やはり何らか怒りのエネルギー(仏教で言うところの修羅のエネルギー)

を持っておられるので、大調和からほど遠いです。

 

で、何が言いたいか?というと、ホゼ博士の「銀河のマヤ」のツォルキン

におけるKIN(キン)のカウントと、マヤ文明の古代マヤ暦ツォルキン

におけるKIN(キン)のカウントを、勘違いして

『ごちゃ混ぜにしている日本人が多すぎる』ということです。

 

例えば、私、あすわ秋山は、ホゼ博士が今から約30年前に

8次元から降ろされた「銀河のマヤの宇宙情報でのツォルキン」では、

KIN216(キン216)、つまりは216日目生まれになります。

対して、メソアメリカに伝統的に継承される「古代マヤ暦ツォルキン」で見ると、

秋山は「2・Tijax(2・ティハッシュ)」になります。

Tijax(ティハッシュ)は、キチェ・マヤ語での発音で、

メキシコのユカテク・マヤ語ではEtznab(エツナブ)です。

この「2・Tijax(ティハッシュ)」もしくは「2・Etznab(エツナブ)」を、

ホゼ博士の「銀河のマヤツォルキン」に換算してしまうと

(※換算するものではありません)、KIN158になります。

KIN216ではなくKIN158になるわけです。

 

つまりは、高次元からの宇宙情報としての「銀河のマヤツォルキン」と、

「古代マヤ暦ツォルキン」とでは、カウントそのものも変わってしまうわけです。

 

ところが、「銀河のマヤ」ではKIN(キン)216である秋山を、

日本でホゼ博士のツォルキンを「古代マヤ」だとうそぶき

『銀河のマヤ暦で見るとあなたはKIN(キン)216だけれど、

古代マヤ暦で見るとあなたはKIN158です』と、

古代マヤにKIN158という表現が存在しないにも関わらず

(※本来は「2・Tijax(ティハッシュ)、もしくは「2・Etznab(エツナブ)」」)

「古代マヤ暦ツォルキン」でのカウントを、「銀河のマヤツォルキン」のカウントに置き換え、

そのまま見ているという、ナンセンスを遥かに通り越して

滑稽で悲惨な人たちが、この期に及んで未だにいる様なのです。

 

しかも、古代マヤ暦のカウントで出てきた「ナワール」を、

ホゼ博士の「太陽の紋章の解釈で見てしまう」という、

さらに畳みかけて決してしてはいけない暴挙を、

何の違和感なく行っている人もいます。

しかも、その太陽の紋章の解釈が、各自やグループの人たちの

感覚や思い込みなどで適当に定義づけされている独自解釈

となってしまっていて、もう何が何だかカオスな状態です。

 

ホゼ博士の情報で古代マヤ暦を見てもワケが分からないものになるし、

古代マヤ暦で出てくるカウントをホゼ博士のカウントで見ても

ワケが分からなくなるだけです。

 

もしかすると、古代マヤ暦で出てくる情報をホゼ博士のカウントで表したり、

偽りの本来の正しい読みでない解釈で見てしまっている人たちは、

マヤ暦勉強会で教えてもらったことや、「古代マヤ暦」とタイトルにある本に

書いてあることなどを、「本当に古代マヤ暦にもともとある解釈」と

純粋に信じ込んでしまっているのかも知れません。

 

古代マヤ暦に、『「赤い蛇」の「真実を暴く」』や、

『「白い世界の橋渡し」の「人と人との架け橋」』や、

『「青い手」の「手にオーラあり」』や、

『「白い犬」の「誠実・忠実・家族愛」』

などという解釈は存在しません。

 

これらのホゼ博士の「太陽の紋章における独自の解釈」は、

マヤ研究家であるメムノシス・Jr.氏が、

2002年頃に定義したものを、各自や各グループ、各団体が

感覚や思い込みで定義しているものです。

古代マヤ暦にもともと存在しない解釈のみならず、

ホゼ博士が言っていたものでもありません。

 

もし、このブログを見た人のなかで、間違えたことを

伝えてしまっていた人が居たら、今からでも遅くありません。

間違えて伝えていたことに対して、心から謝罪の意を明らかにしたのちに、

本当の銀河のマヤの情報を手にしてください。

 

日本で「銀河のマヤ」と「古代マヤ」の真実の情報を手に入れることは、

かなり難しい状況になってしまっています。

どうか、運よくこの記事を目にされた方々も、くれぐれも「銀河のマヤツォルキン」と

「古代マヤ暦ツォルキン」とをごちゃ混ぜにしてしまわないでください。

 

ホゼ博士が何をしようとしていたのか?を、

真摯に問いかけてみられることをおすすめします。

 

「古代マヤ暦」を知りたければ、正真正銘の古代マヤ文明の末裔

キチェ・マヤ族の最高位神官アレハンドロ大長老さん全面監修の、

あすわ製作の古代マヤ暦卓上カレンダー2019をご覧ください。

「銀河のマヤ」の真実を知りたければ

是非とも「あすわの発信」をキャッチしてください。

「あすわ」は、「古代マヤ」と「銀河のマヤ」は両輪と考え

両方の真実に精通し発信しています。

 

「銀河のマヤツォルキン」を「古代マヤ暦」と認識していると、

決して「銀河のマヤツォルキンの深部」には辿り着けない

巧妙で狡猾なトリックが施されてあるんです。

 

だからと言って、長年、銀河のマヤツォルキンや

銀河のマヤの太陽暦である13Moon Calendarを知っている

人だからと言って、何もかも本当のことを知っているか?というと

これまた恐ろしいことに、No!な場合もあるのです。

 

一刻も早く、この隠された周波数コントロール、

振動接続の罠に気づいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM