ヒカルランドとククルカン降臨

秋山です。

赤い宇宙の月の年 太陽の月16日 KIN148から、

太陽の月22日 KIN155まで(2019年3月22日から3月29日まで)、

東京ヒカルランドさんにマヤ個人セッションと

ツォルキン活用セミナー導入編で出張させてもらっていました。

 

ヒカルランドさんは、1年ほど前から、飯田橋にある本社ヒカルランドパークとは別に、

神楽坂に「ヒカルランド神楽坂みらくる」という、新しいスペースを構えられました。

P1380099.JPG

 

今回は、マヤ個人セッションは神楽坂みらくるさんで、

ツォルキン活用セミナー導入編はヒカルランドパークさんで

それぞれさせていただきました。

P1320532.JPG

 

東京入りした夕方に、神楽坂みらくるさんに担当者さんが

勤務されているので挨拶に行くと、ホンの数分だけ神楽坂のスペースに来られていた

超ご多忙な石井社長さんと会うことが出来ました。

 

奇しくも、今回ヒカルランドさんに挨拶にいった日に、

地球の裏側メキシコの世界遺産チチェン・イツァ遺跡では

ククルカンの降臨現象の起こる日でした。

P1140364.JPG

メキシコユカタンにある世界遺産チチェン・イツァ

ククルカン神殿(2014年あすわマヤ遺跡ツアーより)

 

しかし、今年のククルカンの降臨は例年と異なる

特別な天の計らいがあったそうです。

なんと、現地時間3月21日のククルカン降臨のまさに当日に、

ククルカン神殿の真横に竜巻が発生したというのでした!

「ホンモノのククルカンが現れた!」と一時騒然となったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=yecNVxtOfCA 

こちらに動画をアップされてる人がいますので、参考までにリンクさせてもらいます。

 

ククルカン(羽毛の生えた蛇)は、古代マヤの風の神です。

銀河のマヤと古代マヤの統合を進めている「あすわ」が、

これから大変な銀河プロジェクトを進めている最中、

これからお仕事を共にすすめて行くことになるであろうヒカルランドさんに

挨拶に行ったタイミングに、メキシコのユカタン地方にある

チチェン・イツァでククルカンの降臨の日に竜巻が発生したわけです。

それはもちろん自然現象ですから、

「たまたまタイミングよくククルカンの降臨の日に発生しただけ」

という人もいるでしょうし、その現象を各自がそれぞれ様々に

自分自身との関わりを自分に都合いいように考えたりすると思います。

秋山は「銀河のマヤと古代マヤに関して大変意味のある予兆」と感じました。

 

次回、ヒカルランドさんへはスペクトルの月23日 KIN211から

スペクトルの月28日 KIN216まで(5月24日から5月29日まで)、

マヤ個人セッションで出張させていただきます。

10枠限定で特別バージョンのマヤ個人セッションです。

ヒカルランドロゴ03.png

 

これから銀河のマヤのスゴい展開が始まります。
2020年プロジェクトも着々と進行しています。

今後のビックリ仰天の企画や発表は、あすわマヤのホームページや、

このブログ、あすわ事務局ブログなどでもお知らせして行きますので、

どうか楽しみにしていてください!

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最新のお知らせ

「銀河のマヤとヌースフィアに時代」DVD、大好評発売中!!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM