ゆの里で銀河のマヤ

秋山です。

銀河の月11日 KIN220から、0・0フナブ・ク KIN231までの、

12日間の東京出張から大阪に戻りました。

 

さて、少し前にさかのぼりますが、

銀河のマヤの太陽暦「13 Moon Calendar」で共振の月28日、

高次元のエネルギーマトリクスである銀河のマヤツォルキンで、

Cuort of Matrix (マトリクスの宮殿)、魅惑の緑の中央の城の始まりKIN209の、

『終わりの始まりの日』。

和歌山県橋本市にある、奇跡の水で有名な「ゆの里」さん

銀河のマヤ特別講演会をさせていただきました。

P1580977.JPG

 

この企画の発起人は、世界的な活躍をされる、

映画監督で「へそ道」提唱者の入江富美子さん

どうして、このような機会を設けてくださったのか?

その理由は、入江さんは、秋山とゆの里の重岡社長さんとを

引き合わせたかったからだそうです。

P1580953.JPG

 

重岡社長さんは、ゆの里に湧いた温泉水の研究を、

アクア・フォトミクスという観点から検証しようとされています。

銀河のマヤは、高次元科学である光と音の結晶幾何学です。

アルクトゥルスの科学は、地球の時間軸で400年先をゆくと言われます。

銀河のマヤツォルキンは未来からの情報です。

重岡社長さんが検証され進めておられる研究が、

銀河のマヤツォルキンの理解の一助となる可能性を感じました。

素晴らしい研究をされているなぁと感激しました。

P1580933.JPG

 

物理学の現状と、科学的な検証に必要な要素を知ることが出来、

とても有意義な時間をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

入江富美子さんは、初めて秋山の出版記念講演会

聞いてくださり感動されたそうです。

そして正式にお会いして話をさせてもらうことになったのですが、

その際に、「この人をゆの里の重岡社長と会わせたい〜!」と

思ってくださったそうです。本当に有り難いことです。

しかし、同時に、「この人は重岡社長と会っても、

きっとほとんどしゃべらないだろうな」と思われたそうです笑。

さすが入江さん!

一瞬にして秋山という人間を見抜かれました笑。

講演会という企画を組めば、重岡社長さんの前で

秋山はしゃべらないと仕方なくなります。

そういうわけで、入江富美子さんがご提案くださったのでした。

P1580880.JPG

 

P1580908.JPG

 

おかげさまで重岡社長さんにも銀河のマヤを知っていただける、

非常に貴重なトリプルコラボの機会をいただけました。

P1580984.JPG

 

講演会が終わったあとは、22:30まで美味しい

ゆの里こだわり料理を堪能させていただきました。

会食の際には、外部には未だ公表されていない内容のお話しくださったり、

様々な角度から多岐にわたる興味深い話をしてくださった

重岡社長さんには感謝しかありません。

本当にありがとうございました!

P1590024.JPG

 

ゆの里に1泊させていただき、温泉にも入り、心身ともに癒されました。

翌日も入江富美子さんとご一緒させていただき、

今後についていろいろと打ち合わせも出来ました。

これからスゴい展開が起こりますよ!

それらとんでも企画は、またこのブログで紹介させていただきますね!

楽しみにしていてください。ありがとうございました!!

 

 

 

 

☆本日の、銀河のマヤツォルキンは☆
本日は、西暦の12ヶ月カレンダーでは2020年3月2日です。

高次元からの銀河のマヤの太陽暦では、銀河の月24日となります。

そして、高次元のエネルギーマトリクスである

銀河のマヤツォルキンでは、本日3月2日は、KIN233(233日目)です。

くれぐれも、間違わないようにしましょうね!!