大長老さんの最新状況と後継者からの感謝の言葉

秋山です。

現在、グアテマラのサンフランシスコ・エル・アルトに

お住まいの大長老さんのお孫さんであるヘロニモさんから、

大長老さんの状況を逐一連絡いただいています。

 

ヘロニモさんは、アレハンドロ大長老さんから古代マヤの伝承を

すべて託され、いずれはキチェ・マヤ第14代最高位シャーマンとなる

若きアッハキッヒです。

大長老への呼びかけに賛同してくださってる皆さんへ、

ヘロニモさんからのメールを翻訳して、現在の状況をお知らせします。

 

↓↓↓↓

 

◆ヘロニモさんからの返信1◆
黄色い水晶の種の年 共振の月25日 KIN256 2018年2月3日

 
秋山さん。

私たちは長老の出来事に対して、大変悲しんでいます。

私たちはあなたが長老と家族を思ってくれることを、

とても感謝しています。

水曜日に手術する予定になっています。
すべてが成功する様に、たくさんの祈りをお願いします!!!

私たちは、あなた方が長老や家族を思ってくれることを、

本当に感謝しています。

長老へのあなた方の心配(心づかい、気づかい)に私たちは感謝しています。

 

 

◆ヘロニモさんからの返信2◆
黄色い水晶の種の年 共振の月26日 KIN257 2018年2月4日

 

いま、私は長老と一緒にいます。

はい。まだ長老は大変な脚の痛みを患っています!

とても強い痛み!

長老はようやく眠れました、それはすごく良かった!

痛みは大腿骨も、そして胸部の痛みもです。

長老へのお祈りは、水曜日にお願いします。

あなた方の祈りに大変感謝します‼

 

 

◆ヘロニモさんからの返信3◆
黄色い水晶の種の年 共振の月27日 KIN258 2018年2月5日


秋山さん!

長老は今のところ安定しています。

痛みをコントロールするためと眠れる様にするために

薬を処方されています!

あなた方のお気持ちありがとう。
長老はあなた方の様な兄弟を持っていることを、私はとてもうれしいです。

 

↑↑↑↑

 

上記のような連絡が届いています。

大長老さんが手術をする水曜日というのは、

銀河のマヤツォルキンではKIN260にあたる日になります。

しかも銀河の月の初日です!

 

グアテマラの病院ですので、衛生面や技術での

不安要素もあるでしょう。
しかし、大長老の手術の日がKIN260ということは

非常にラッキーなことです。
なぜなら、その日はGAPキンの日ですから、GAPキンは

ツォルキン仏陀の背骨ゾーンに連動する

振動共振の加速を促せるポイントだからです。

想いを送信するのに絶好のタイミングの日です!


銀河のマヤツォルキンをお持ちの方は、KIN260の日に

ツォルキンを通してのヒーリングを大長老へ向けて送ってください。
ツォルキンを用いてのヒーリングの仕方は、あすわマヤンカレンダーリーダーに

伝えてありますので聞いてください。

 

ただし、ここで注意しないといけないことは、

日本とグアテマラは時差が15時間あるので、

グアテマラの水曜日は日本の木曜日になります。

グアテマラの昼間は日本の深夜ですから、手術が行われる時刻に

遠隔ヒーリングをしようと思っても難しいかも知れません。
なので、KIN260とKIN1の2日間それぞれのGAPキンの日に、

何分でも構いませんので、意識をツォルキンを通して

大長老さんへ送る行為をすると、その意識は全て大長老のもとへ

届くそうなので大丈夫とのことです。

というわけで、『大長老を再び日本へお招きしようプロジェクト』を

実現させるために、まずは大長老さんに

お元気になってもらわないといけません。

大長老さんに「再び日本へ来てください!」と、

ヘロニモさんを通じて伝えています。
大長老の夢である、「願い事が1つ叶うのであれば日本へもう一度行きたい」という

想いを叶えるためにも、どうか激しい痛みを乗り越え手術を成功させてください。

 

皆さんどうかお願いします。

 

 

 


マヤの大長老を再び日本へお招きしようプロジェクト

秋山です。

本日は、とても大切なお知らせと呼びかけを

どこよりも先んじてブログで書きたいと思います。

 

南北メソアメリカ長老評議会議長であり、古代マヤ文明の末裔

正当血統であるキチェ・マヤ第13代最高位シャーマン

アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老を

再び日本へお招きしようプロジェクトというお知らせです。

 

2017年3月と同年11月に訪れたグアテマラで、個人的には12度目となる

マヤの伝統儀式ファイヤーセレモニーを大長老から受けました。

そのときにフツフツと湧いて来た想いがありました。

それは、「もう一度、アレハンドロ大長老を日本へお招きしたい」

という想いでした。
アレハンドロ大長老とお話させていただくなかで、大長老ご自身も

「もし願いが1つ叶うのであれば、私は、もう一度日本を訪れたい」

「もし、私たちの創造主がお許しくださるのであれば、

もう一度日本へ行きたいというのが私の夢です」

とまでおっしゃってました。

 

ご高齢でありますから体力の衰えもあるでしょうし、

長旅の大変さを考えれば、常識では不可能かと思います。

ですが、もしマヤの創造主が祝福してくれるのなら、

銀河のマヤのサポートが入るのであれば

きっと大長老は日本にいらっしゃるだろうと思いました。

 

2015年4月に日本へお招きした『光の大集会』の際に、

大長老は大阪講演の中で、「皆さんで秋山さんを応援してください。

そうすれば、私はもう一度、日本へ来てマヤカレンダーのことをお話します」

とおっしゃっていました。

当時は、私も大長老のご年齢から考えて、

「残念だけど今回の来日が最後になるのかな…」と思っていましたので、

ピンと来なかったのですが、アレハンドロ大長老は、あの時から、

再び日本を訪れることをイメージされていたのかも知れません。

 

この「再び日本へお招きしようプロジェクト」は、

まだ準備段階の状態ではあり、密かに進めて来ました。

 

ですが、つい先日、大長老の身にアクシデントが起こり、

緊急に同じ想いの方々の祈りを要する事態となってしました。

 

ですので、ここに正式に

「マヤの大長老を再び日本へお招きしようプロジェクト」

の発足を宣言します。

 

Facebookページで、プロジェクトを立ち上げています。
是非、ご参加ください。

https://www.facebook.com/kodaimaya/

 

こうしたプロジェクトを進める最中に、

緊急事態が発生してしまいました!

アレハンドロ大長老が、友人の運転する車で移動中に

事故に遭われたとの連絡が入って来ました!

 

私たち「あすわ」は、2014年よりアレハンドロ大長老と

親しく交流させていただき、古代マヤ暦の真実や

伝統的なマヤの正しい教えを学ばせてもらって来ました。

2015年4月には、大長老に日本へご足労いただき、

銀河のマヤと古代マヤの歴史的な融合『光の大集会』を実現しました。

2016年にも、グアテマラ世界複合遺産のティカル遺跡での

世界初となる日本人単独依頼であるマヤのセレモニーを

執り行っていただいたり、2017年3月には大長老のご自宅を訪問させてもらえたりと、

単なるマヤ研究の枠を超え、人と人としたの関わりを続けて来ました。

2017年11月には、18名でグアテマラへ行き大長老に再会したばかりでした。

 

そんな私たち日本人のことを「親しき友」と

思ってくださっているマヤの大長老が、いま大変な状態です。

 

脚と大腿骨を激しく損傷され、体力的な問題で

手術が出来ないまま病院のベッドで激痛と闘っておられる

と連絡がありました。

大長老の後継者であるお孫さんのヘロニモさんが、

逐一状況を教えてくれています。

 

2016年12月には、長年にわたる古代マヤ伝統ファイアーセレモニー

を行う際の炎と煙のために、呼吸器の疾患で倒れられた際にも、

「あすわ」は「親しき友」として止むにやまれぬ想いから、

大長老を慕うすべての人に対して、お見舞いの呼びかけをしました。

そして、その想いに共感賛同くださった皆さんからの

心からのお見舞い金を持って、秋山が単身グアテマラのご自宅まで

行かせていただきました。

そのグアテマラ紀行の報告は、このブログでも

現在進行形で配信しています。

 

ですので今回も、アレハンドロ大長老へのお見舞い金を集める

呼びかけたいと思います。

 

【マヤの大長老緊急お見舞いプロジェクト】

 

これは、「支援」を募るものではありません。

基本的に、「支援」という言葉には無意識に

上下関係があるような気がしてならないです。

私は、これまで一度もグアテマラに暮らすマヤ系の先住民に

対して「支援」はしていません。

それは上から「私がかわいそうな人たちを支援してあげている」

という、自己満足な意識がある様に思えるためです。

これまでも、大長老に対しても「与えて下さった情報に対しての謝礼」

という形で、都度お返しをしてきました。

アレハンドロ大長老は、その謝礼から自分たちが奪われた

マヤの聖地を買い戻そうとされています。

 

全ては、循環から成り立っていうのだと思います。

 

今回のお見舞いプロジェクトもまた、直接、皆さんの想いを形にした、

スペイン語お手紙とお見舞い金を届けたいと思います。

当然ながら、他の団体、グループ、個人もまた、マヤの大長老に

「支援活動」を呼びかけされるかと思います。

ですから、「あすわ」は、

◆アレハンドロ大長老の講演を聞いたことある人

◆大長老のセレモニーに参加したことのある人

◆大長老の講演DVDなどを観たことのある人

または、

◆秋山のマヤ個人セッションを受けてくれたことのある人

◆銀河のマヤ講座や講演、セミナーを受けたことのある人

という皆さんを対象とし、顔の見える関係においての

お見舞い金の呼びかけをしたいと思います。

 

「あすわ」は、秋山がその責任と大長老との信頼関係において、

必ず皆さんからのお見舞い金を、間違いなく

アレハンドロ大長老ご本人へ届けますので、ご安心ください。

 

アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老への

お見舞い金として、『一律5200円』と、

『メッセージカードに一言メッセージ』を募る予定です。

共感ご賛同くださる方は、是非ともよろしくお願いします。

 

マヤの大長老を再び日本へお招きする準備が出来ましたら、

秋山はグアテマラへ向かいます。

大長老のご容態と回復に、どれくらいの

日数が必要なのか現在まだ未知数ですので、

お見舞金呼びかけの時期などは、今は、とりあえず設定しませんが

状況報告は逐一してゆこうと思います。

銀河のマヤのホームページ、もしくはこのブログ

そして、あすわ事務局ブログ、およびFacebookのコミュニティ

ご覧になってご確認ください。

 

再び日本へお招きしようプロジェクトの詳細は、

目途が経ちましたら、あらゆる場で告知していきます。

どうぞご期待ください!

 

 

 

 

 


大成功の「銀河のマヤとエネルギー医療」大講演会

秋山です。

黄色い水晶の種の年 電気の月12

高次元のエネルギーマトリクス ツォルキンではKIN131

(2017年10月1日)に

銀河のマヤとエネルギー医療』講演会を実現できました。

 

ツォルキン調波65では「真空調波」と呼ばれる

中央ゾーン(仏陀の背骨)の中心、ヘソの部分に当たる重要な日に、

このような幾重にも意義深いプロジェクトを開催できたことを、

とてもうれしく思います。

 

新神戸歯科医院院長 藤井先生

日本貴峰道協会主宰 貴田先生

本当にありがとうございました。

病治しの最前線でこ活躍される世界的権威のお2人と

ご一緒させていただけたことに、感謝の気持ちで一杯です。

お2人の驚嘆する症例臨床映像と解説を

目の当たりにした参加者さんは、もう波動療法やエネルギー医療、

量子医療に対して、「怪しいオカルト」などという認識は、

なくなったのではないかと思います。

 

新神戸歯科医院院長 藤井先生

 

今回の大講演会は、「最近ちょっとあすわも落ち目だから、

ここはひとつ世界的権威の先生とコラボでもして、

あすわ秋山の知名度を上げる作戦でもやってみようか」と

企んで開催したことではありません。

※冷静に考えれば分かりますが、

そんな企んでの依頼に世界的権威の先生は乗りません。

当たり前に断られます。

 

日本貴峰道協会主宰の貴田先生

東洋医学の世界でも教えてくれない氣を流す方法を伝授

 

究極レベルで病気や疾患を治癒されておられる

先生方の動かしておられるエネルギーや、実践されてる療法のその向う側に、

銀河のマヤツォルキンにつながる道があるんです。

ですから、何の肩書きも持たない秋山なのですが、

ご一緒できるわけなんです。

 

大変に恐縮至極なことなのですが、

秋山は、お2人の先生の講演のあとに

3人目のとりとして話をさせていただきました。

 

これから先、人類が高次元のエネルギーマトリクス

銀河のマヤツォルキンの奥座敷、存在意義、真の活用法を、

皆が本当に理解するために、どうしても認識しておくべき

「量子論」との関わりを、公の場で初めて話させてもらいました。

 

新銀河時代に突入し、すでに1500日以上が経過している現在です。

今回の大講演会は、いよいよ宇宙時代の

第2ステージのスタート宣言になりました。

 

銀河のマヤツォルキンの奥深さには、皆さん「何かある…」と

意識の奥で気づかれています。

ですが、一体どのくらいの深さがあるものなのか

地球にとってどのような必要性あるものなのかが

さっぱり分からない状況だと思います。

 

もしいま、皆さんのまわりで

マヤ暦を学んでいる人がいたり、

マヤ暦を教えている先生をご存知の人がいたら、

ツォルキンと量子電磁気理論との

関係から導かれる高次元の宇宙情報との整合性について

是非とも尋ねてみてください。

「13の月の暦」提唱者であるホゼ博士は

しっかりと論じられています。

これは嫌がらせで難しいことを言っているのではなく

ツォルキンとは、砂漠で砂の中から頂上の先端が

見えているピラミッドのようなものなんです。

これからずっと下へ下へとピラミッド全体が見えて来るまで

砂を掘っていき、一番下に入り口が見つかる。

ツォルキンとは、そのいうものです。

なので、類似キンや神秘キンなんていうのも

黄色い太陽がどうとか、赤い竜の人がこんな人なんていうのは

その先端のホンの一部に過ぎないんです。

 

今回、このタイミングで重力波の検出の功績で

マサチューセッツ工科大学とカルフォルニア工科大学の

3人の物理学研究者がノーベル物理学賞を受賞

されていますが、重力波がツォルキンと

関係している分野だということを

一体どれくらいの人が認識しているのか?なんですね。

 

これからものすごく面白いことが動き始めますよ!

皆さんも大きなヌースフィアの潮流に

一緒に波乗りしましょうね。

 

 

☆最新のお知らせ☆

 

銀河のマヤ ヌースフィア宇宙講座

高次元のエネルギーマトリクス ツォルキンの

背景に何があるのか?

アルクトゥルスからの宇宙情報を知りたい人に。

 

 

ツォルキン活用セミナー

日常生活に銀河のマヤツォルキンを

活かす方法を知りましょう。

真のシンクロニシティの本義を知りたい人に。

 

 

マヤ遺跡ツアー2017

メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズ

仰天の4ヵ国最強マヤ遺跡巡りの旅

古代マヤの正統血統、キチェ・マヤ

最高位シャーマンであるアレハンドロ大長老の

伝統ファイアーセレモニーを開催!

 

 

 

 

 


「銀河のマヤとエネルギー医療」大講演会

秋山です。

黄色い水晶の種の年 電気の月12 KIN131

2017101()に、いよいよ迫った

銀河のマヤとエネルギー医療』大講演。

このタイミングで今回の大講演会の内容を知られることは、

ものすごく意義深いことと思います。

 

今回の、エネルギー医療の分野で世界的権威のお2人

(藤井先生と貴田先生)とご一緒させてもらうことは、ただ単に

「代替医療の先生とマヤ暦の異業種おもしろコラボ」ではありません。

また、「マヤ暦と代替医療との仲良しトークショー」

なんて思っているとしたら大間違いです。

 

世界的権威のお2人が人生を賭け

命がけで活動しておられることの先にあるのが、

高次元のエネルギーマトリクスである

銀河のマヤ ツォルキンだということを、

現段階で明確にする大変な試みのプロジェクトです。

 

銀河のマヤ ツォルキンを、他の占いより面白い

「お遊び感覚でお金儲けできるモノ」と勘違いしている人や、

ツォルキンが私たちの人生に一体どう繋がっているのか?

「さっぱり分かりませ〜ん」という人に、

是非とも知っていただきたい

これから激動の世界に必須の内容です。

ド〜ンと、クオンタム・ジャンプしませんか?

 

未来の認識と捉え方が大きく変わる

銀河のマヤとエネルギー医療』大講演会。

知らなくて遠廻りする生き方、

もういい加減やめちゃいましょう。

 

医療コラボ講演(裏)修正?.jpg

 

表−医療コラボ講演修正?s.jpg

 

 

 

 

 

 


古代マヤと銀河のマヤ 巨大プロジェクト大成功

秋山です。

2015年に東京と大阪で開催した歴史的な偉業「光の大集会」。

その第2弾として、マヤの本拠地グアテマラから

マヤ評議会のエリザベス・アラウホ女史を招いての巨大プロジェクト

古代マヤと銀河のマヤの真実』。

P1040617.JPG

東京秋葉原での講演の様子

 

P1040623.JPG

秋山は銀河のマヤツォルキンについて、初めての内容を語りました。

 

そして、日本初となったマヤ評議会による「古代マヤ暦6日間レクチャー」。

P1050250.JPG

20のナワールとポップ・ヴフに説明を

 

P1050358.JPG

マヤの十字と20のナワールとの対応を解説

 

歴史の残るプロジェクトは無事に全行程を終了することが出来ました。

 

参加賛同ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんの誠実さと鋭いアンテナに心から感謝します。

 

 

日本にいながら地球の裏側の古代マヤ文明のことを、

きちんと本当の情報かそれともニセ情報か見極めることは、

非常に困難です。

なぜなら、日本には歪んだ形で古代マヤの情報が広まっている場合が多いことと、

たとえメキシコやグアテマラを訪れたとしても、

遺跡を観光する以上のこととして、現地アッハキッヒとの関わりを持つことが、

まず非常に難しいためです。

もしもグアテマラのマヤのアッハキッヒと関わることができたとしても、

その人が間違いなく古代マヤの伝承を継承しているかどうか?という問題も出てきます。

※アッハキッヒとは、マヤのデイ・キーパーであるシャーマンのこと

 

私たち日本人は、いまいちど

日本で正しい古代マヤの情報を手にすることは

極めて難しいのだという事実を、真摯に受け止めないといけないでしょう。

 

そのような混沌とした状況のなかで、

マヤ文明の末裔の最高権威である

アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老と、

マヤ評議会の重鎮エリザベス・アラウホ女史のお2人と

直接に関わらせてもらえているということに、

改めて身が引き締まる思いと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

昨日、成田国際空港で、しばしのお別れをする際、エリザベスさんは

『本当にありがとうございます。最大の敬意を送ります。すごく感謝しています。

あなたたちのことは決して忘れません。11月にグアテマラで再び会いましょう』

と言われていました。

エリザベスさん、こちらこそ愛をたくさん与えていただき

ありがとうございました。あなたのことは忘れません。

 

P1050777.JPG

伊丹空港でのすこしの間でも、

たくさんのことを教えてくださるエリザベスさん

 

IMG_7055.JPG

今回の来日で、人生初のお寿司(生の魚や貝やカズノコ)に挑戦。

生の魚介類を食べる習慣のないグアテマラでは、

寿司は有り得ない食べもののようです。

 

 

これから銀河のマヤツォルキンを通して、

古代マヤの真実を日本に伝える活動を進めて行きたいと思います。

 

P1050610.JPG

マヤンカレンダーリーダーたちと、奈良の東大寺と春日大社に

観光参拝をしてきました。
エリザベスさんは生まれて初めて奈良の大仏を見て感動されていました。
P1050690.JPG
春日大社は山の傾斜を崩さないように
建物が山に対応して造られてあることを説明すると
とても感心されてました。

 

 

さきほど、グアテマラから連絡がありました。

無事にエリザベスさんも、通訳の真幸さんもグアテマラに

到着されたとのことです。

2週間ずっとエリザベスさんとご一緒させていただきました。

事故なく全行程をパーフェクトに終えることが出来て

ようやくホッとしました。

 

皆さん、本当にありがとうございました。

今回のプロジェクトの成功は、これから日本に計り知れない影響を

起こす種まきとなったと確信します。

 

 

 

 

 

☆おすすめサイト☆

今日という日の方向位置は?

あすわ事務局のブログ

 

 

ヌースフィアの時代に必要な発信をしています!

あすわマヤのホームページ

 

 

 

 

 


古代マヤ暦レクチャー

秋山です。

今回、東京と大阪で開催しました「古代マヤと銀河のマヤの真実」。

歴史的なタイミングに集まって来られた皆さんありがとうございました。

皆さんの集合波動で無事に大成功で終えることが出来ました。

P1040702.JPG

銀河のマヤが一番言いたかったこと、みなに知って欲しかったことを

ようやく話すことが出来ました。

詳細は、また後ほど書きたいと思います。

 

そして、今回のメインイベント、マヤ評議会エリザベス・アラウホさんによる、

古代マヤ暦6日間レクチャー」が始まっています。

本日3日目でしたが、日本で決して知ることのできない情報とエピソードに、

参加者みな大興奮状態で開講中です。

P1050140.JPG

 

日本で入手することのできる古代マヤの情報というのは限られています。

マヤ考古学者であっても地球の裏側の情報を得るのは難しいのではないでしょうか。

ましてや、書籍だけでしか古代マヤ暦を知らないような状態では、

信頼できる情報は、比較したり吟味したりすることは、まず不可能と思います。

 

P1050175.JPG

 

このように、自身がこれまで持ち合わせていた情報と

古代マヤの叡智を照らし合わせることの出来る機会など

有り得ないことと思います。

 

 

 

 

 

 

☆おすすめサイト☆

今日という日の方向位置は?

あすわ事務局のブログ

 

 

ヌースフィアの時代に必要な発信をしています!

あすわマヤのホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


古代マヤのエキスパートまもなく来日

秋山です。

いよいよ、地球の裏側、古代マヤの本拠地グアテマラから

エリザベス・アラウホさんが来日されます。

今回、秋山は古代マヤ評議会のエリザベスさんと共同で、

いまこのタイミングで必要なことを発信します。

エリザベス自宅2017年3月.jpg

2017年3月 エリザベスさんご自宅にて

 

この試みは、赤い太陽の月の年 惑星の月(20154)

東京と大阪で大開催した『光の大集会』に続き、

日本に大変な前例を打ち立てることになります。

なぜなら、高次元のエネルギーマトリックス「銀河のマヤツォルキン」を扱う立場で、

古代マヤの大長老やマヤ評議会メンバーと共に、

人類進化と地球平和に関する発信をしている存在は、

他にいないからです。

これは、あとになればなるほどその意味の重要さと意義が

明確になるのではないでしょうか。

 

世界のグランマであるエリザベスさんは、3つの重要なマヤ暦の1つ長期暦から

新しい時代に必要な古代マヤからのメッセージを語られるでしょう。

エリザベスさんは、70代のエルサルバドル出身の人です。

プロゴルファーの青木功さんも74歳ですし、ポール・マッカートニーさんも74歳です。

いまどきの70代、80代の人たちって皆さん本当にお元気ですよね。

 

秋山は、銀河の音と太陽の紋章について

これまで公の場で発信したことのない本邦初公開の内容を話す予定です。

日本でマヤ暦を発信されている皆さんは、

KINとは、魂の刻印記憶です」とか、

「銀河の音は、創造のプロセスです」とか、

「太陽の紋章は、顕在意識や潜在意識を表します」

と言われている人が多いみたいです。

しかし、そのような捉え方は、古代マヤ暦にもともと無いもので、

2002年頃にマヤ研究家メムノシス・Jr.氏が言い始めたことです。

古代マヤ暦の教えでも、ホゼ博士の銀河のマヤでもありません。

真の銀河のマヤの観点から論じる銀河の音と太陽の紋章は、かなり違います。

 

というわけで、エリザベスさん来日と特別講演会を、どうぞお楽しみに!

 

2017年11月コパンにて.jpg

2016年11月 ホンジュラス世界遺産コパンにて

 

 

 

 

 

 

☆最新のお知らせ☆

古代マヤと銀河のマヤの融合再び

2017513日東京講演、514日大阪講演

銀河のマヤのメッセンジャー 銀河の音を読む存在 あすわ秋山

エルサルバドル・マヤ評議会 古代マヤのエキスパート エリザベス・アラウホ女史

2人による世紀の大発信

古代マヤと銀河のマヤの真実

 

☆おすすめサイト☆

今日という日の方向位置は?

あすわ事務局のブログ

 

 

ヌースフィアの時代に必要な発信をしています!

あすわマヤのホームページ

 

 

 


<< | 2/2PAGES |